1. HOME > 
  2. 私たちが圧倒的に支持される5つの秘密 > 
  3. 5.年間10件のみを二人三脚でコンサル・サポートする密着型サービス

私たちが圧倒的に支持される5つの秘密

5.年間10件のみを二人三脚でコンサル・サポートする密着型サービス

私は一つ一つの物件にあった戦略があると思っています。また、物件によって、募集戦略も違ってきます。それが一番重要な部分なので、沢山の物件を同時にやることは出来ません。大家さんと私が二人三脚でやっていくので、大家さんも私もお互いに楽しいのです。私は、大家さんと向き合う時間を長く取るので、二人三脚でやりたい大家さんでしたら、私と合うかもしれません。私のみならず、設計担当も話し合いに加わりますので、注文住宅並みか、それ以上の時間をかけて作っていきます。

例えば最近の例では、病院関係者など真面目な女性、男性が多いエリアで、私は、この物件であれば、ナチュラルで清潔感がある建物がよいのではないかと思いました。そこで、白い外壁で少し木目の部分を入れてナチュラル感を出しました。その物件は、比較的すぐに満室になりました。そのようにデザインとターゲットのマッチングが大切だと思うのです。もう一つの事例は、柏の物件なのですが、そのエリアは若々しい社会人の方が多いエリアでした。私は、逆に和風の感じで作ってみました。夜帰ってくると、お庭が行灯のようになっている面白い物件です。そのようなところが入居者様にウケたのかなと思います。

私がサラリーマン時代にアパートを建てたときには自由がありませんでした。そして出来上がった建物は平凡なものでした。平凡ということは、競争力があまりないということです。その競争に勝つためには、「もっとオリジナリティーのある建物を作っていかなくてはならない」と思いました。そこで二棟目からは、自分なりの工夫やアイディアを盛り込んでいきました。それからは、自分の経験を基にして、建てたアパートを息の長いアパートにするためには、工夫が必要だと考えるようになりました。そうすることによって、利回などを少し削ることになるかもしれませんが、私はそれを推奨してやっています。

昨日、お会いしたクライアントさんに、「何のために不動産投資をするのか」をお聞きしました。それによって、その方の考え方や戦略が分かってきました。その方の人生設計の中に、私どもの仕事が組み込まれていくわけなので、とても重大な役目を務めさせていただいているのです。例えば、「今、キャッシュフローを得たいならこうしましょう」など人生設計によってプランも変わってきます。ですから、私たちはその方の人生設計に役立ちたい常にと考えています。

夢工房は、現在100%近く新築アパートを手がけています。しかし、賃貸併用住宅というニーズも沢山あるのではないかと感じています。そのような方々は、今はほぼ住宅メーカーさんに行かれていると思いますが、コストを考えたら、設計は設計士に任せて、建築は工務店に任せるやり方の方が良いはずです。ですから、当社のやり方は、賃貸併用住宅を建てたい方たちになじむのではないかと思っています。今後は、賃貸併用住宅もどんどん増やしていきたいですね。

また、会社名に「工房」と入っていますので、家具などを自社で作ったりして、手作り感のある賃貸を作っていきたいのです。そのようにオリジナリティーあふれる建物を追及して、「建築家が作ったのかな」と思わせるようなアパートを作っていきたいですね。外観を見ると、賃貸の建物というより、完成された建築物として見ても完成度の高いデザインを追及していきたいと考えています。