1. HOME > 
  2. 私たちが圧倒的に支持される5つの秘密 > 
  3. 4.入居率100%のコンサルタントが客付けを支援

私たちが圧倒的に支持される5つの秘密

4.入居率100%のコンサルタントが客付けを支援

入居率100%のコンサルタントとは言っても、本当にそこに入居付けをしてくれるのは、各賃貸業者さんなのです。まず一番大事なのは、各業者さんへの感謝の気持ちだと思うのです。各業者さんたちに気持ちよく受け入れていただくために、電話にはすぐ出て、今の状況をお伝えするなど、当たり前のことの繰り返しが大切なのです。広告費なども含めて、気持ちよく受け入れていただける体制を整えることが必要だと思っています。

また、最近では大手業者さんは仲介手数料50%という形でやられていますし、地場の小さい業者さんなどでは仲介手数料ゼロというところもあります。仲介手数料が0としたら、オーナーさんからの宣伝広告費しかありません。ですから、そのあたりも多少奮発してあげながら、情報提供をするなど、お客様がいらしたときにすぐ決められるお部屋にしてあげることも大事だと思います。また、当社が管理を任された物件では、お部屋のコーディネートなどもして、お客様に喜んでいただけるようなお部屋を作っています。そういった努力など不動産コンサルタントに全てお任せするのではなく、携わるメンバーのチームワークが大事なのです。

当社のホームページでは、あるお客様と相談しながら、地元の不動産業者さんに物件を紹介していただきました。物件を探しているというときに検索の上位に出てくるというのは、とても大事なことだと思うのです。こういうちょっとしたことの積み重ねで、最終的に入居率100パーセントを維持しています。入居者さんがネットで検索して探していますので、アナログ営業だけでなく、ネット上の営業支援も必要だと思っています。

また、オーナーさんを建築現場に案内するときに、自分は客付け業者ではないのに、客付け業者のように案内することが多々あります。説明しながら案内することによって、情熱が伝わると思うからです。オーナーさんの思いを、そのまま入居者さんに伝えることができるということは大きいと思います。これは設計から携わっている夢工房だからできることだと思います。

過去に、うちのアパートの向かい側に、もう少し大きい業者さんのアパートが建ちまして、競合したということがありました。家賃が一万円以上違っても、うちは満室になっているのに、お向かいは満室になりませんでした。「なぜだろう」と思って、賃貸業者さんに聞いてみると、一社独占で、他の会社には情報が回っていなく、広告費もその会社が取ってしまっているので、客付け業者さんとしたら、やっても面白くないわけです。そのような状況になってしまうと、当然決まりません。その後もどんどん家賃が下がっていきました。「決まらないから家賃を下げましょう」と言って、オーナーさんを納得させているのだと思いますが、私は、「それはおかしいな」と思いました。そのように客付けの戦略が間違っていると、結果的に大家さんが不幸になってしまうのです。同じエリアで、同じ様な物件でそれだけ差が出てしまうのは気持ちが入っていない証拠だと思いました。