1. HOME > 
  2. 私たちが圧倒的に支持される5つの秘密 > 
  3. 1.「世界でひとつ」あなただけの独自デザインの賃貸併用住宅

私たちが圧倒的に支持される5つの秘密

1.「世界でひとつ」あなただけの独自デザインの賃貸併用住宅

私は、アパートに大家さんの想いを詰め込むことが重要なのではないかと思っています。アパートを企画するときに、まずコンセプトを考えるのですが、例えば「このアパートでしたら、サラリーマンの夫婦が多いエリアなので、その夫婦に子供が出来ても大丈夫なつくりにしよう」と考えます。そうすると、「外観は、清潔感のある白にするか、緑が映えるような色にしよう」などというようにアイデアを展開していくわけです。それに沿ったコンセプトと、オーナーさんの想いを組み込んで、他のアパートにはないような部分を作ると、入居者さんの反応も良くなるのです。それが、画一化されたアパートにはないメリットなのではないかと思います。

最初の図面引きでは、最大ボリュームをとってやっていきます。そこから、どうやって街の雰囲気に溶け込ませるか、外観ファザードをどのように格好の良いものにするか考えていきます。また、内装も、床やクロスに大胆な色を使って個性を出したりしています。夢工房の物件は、注文住宅と同じですから、住宅メーカーさんなどと比べると、打ち合わせの回数も多くなってきます。打ち合わせでは、お客様の漠然としたイメージを具体化していくことから始めます。

夢工房では、一級建築士の吉田が設計を担当しています。また私も側面から設計をアシストしていますいています。吉田は、粘り強く一生懸命な設計士で、とても重要なファーストプランに力を入れて、かなり完成度の高いプランを作成します。一般の設計士さんの設計を見ると、本当はやれば出来るのに、やると手間がかかるので、作りやすいものになってしまっている気がします。夢工房では、その気持ちを抑えて、「独自性の高い、オーナーさんも入居者さんも喜ぶ建物」にこだわっています。

内装に関しても自由設計ですから、例えば「スペースが余っているからここに傘立てを作ろう」というようなことが出来ます。収納面についても毎回こだわってやっているところです。また、私が大切にしていることは、「空間の広さ」ということです。それを喜んでやる工務店さんは少ないと思いますが、夢工房では広々とした空間を作れるように努力しています。夢工房では固定観念にとらわれた建物ではなく、新しいトレンドも柔軟に取り入れながら、大家さんに満足していただける建物を作って行きたいと思っています。

デザインのトレンドというのは、どんどん新しいものになっています。そして、建築家の建物というものに近づいていっているような気がします。世の中の傾向として、「ハウスメーカの画一的な建物はつまらない」、「美術館のような建物に住んでみたい」という憧れがあると思うのです。それについてコストが極端に上がるわけではなく、ハウスメーカーさんのものよりむしろ安く作るこつができます。今後は、住んで気持ちがよく、デザイン的にも美しいものが選ばれる時代になっていくと思います。